GENOF

DNAヘルスケアサービス

ご利用規約

本規約は、株式会社ゲノフ(以下「当社」といいます。)が提供するサービス(以下「本サービス」といいます)における利用者と当社との間の権利義務等を定めるものです。

第1条(本サービスの目的)

当社は、本サービスの利用者(以下「利用者」といいます。)が行う日常的な健康の管理と増進をサポートすることを目的として本サービスを提供し、利用者は自己の責任において本サービスを利用します。

第2条(利用者の申込と承認)

利用者は、本利用規約に従って自ら本サービスを利用するため申込みを行い、当社の承認を受けることを要します。

第3条(利用者資格の取得)

  1. 1.利用者になろうとする者は、当社に対し、当社が別途定める申込書及び添付書類(以下「申込書等」といいます)を提出することにより、利用者になることの申込みを行うことができます。

  2. 2.当社は、前項に基づく申込みを受けた場合、その内容を審査の上、承認するか否かを決定します。承認する場合、当社は、申込者に対し、その旨及び当社が定めるサービスプラン代金の支払いを第5項に定める方法により受ける日を通知します。ただし、当社は、いったん当該申込みを承認した場合であっても、当該申込みが次項に定めるいずれかの事由に該当することが判明した場合、当該承認を取り消すことができます。当社が当該承認を取り消した場合、当該申込みに基づいて利用者となった者に対しては、当社が取消しの通知をした時点で第6条第1項に定める利用者資格が終了したとみなし、第9条を適用します。

  3. 3.当社は、第1項に基づく申込みが次のいずれかの事由に該当する場合には、これをお断りすることがあります。

    1. 1)申込書等に虚偽の事実が記載されており、又は重要な記載漏れがある場合

    2. 2)利用者になろうとする者が過去に利用者として本規約又は次条第2項に定める個別サービスの利用規約に違反したことがある場合

    3. 3)申込書等に記載されたクレジットカード又は金融機関の口座の利用が停止されている場合

    4. 4)その他、当社が当該申込みを承認することを不適切と判断した場合

  4. 4.本サービスのサービスプランは次のとおりとし、代金等その詳細は、別途当社が定め、利用者に通知するところによります。

    [DNAヘルスケアサービスプラン]
    遺伝子検査とカウンセリング、食事の記録をもとにご自身に適した栄養素、メニュー、レシピ、運動(有・無酸素運動)、食べる順番などをアドバイスさせて頂く「遺伝子×栄養学」をベースとしたヘルスケアサービスプランです。
    第4条の定めに従い、サプリメント代金等の商品代金は当社が定める価格に基づき別途実費となります。

  5. 5.利用者は、当社に対して負担するサービスプラン代金等の金銭債務を当該利用者名義のクレジットカードまたは銀行振込により支払うものとします。

  6. 6.利用者になろうとする者は、第1項による申込書等を提出し、又はこれに署名若しくは捺印することにより、本規約及び次条第2項に定める個別サービスの利用規約を承諾したものとみなします。

第4条(本サービスの内容)

  1. 1.当社は、第6条第1項に定める利用者資格の有効期間中に、利用者が行う日常的な健康の管理と増進のサポートに関する次のサービス(以下「個別サービス」といいます。)を提供します。ただし、当社は、医師法その他の法令に違反しない範囲で個別サービスを提供します。これらは3条4項のサービスプランに含まれるものです。

    1. 1)DNA検査による利用者の体質検査及び当社のプライベートヘルスケアコンサルタント(PHC)によるDNA検査結果の報告(利用者1人につき1回まで)

    2. 2)抗加齢に対するアドバイス(サプリメント提案等)

    3. 3)当社のプライベートヘルスケアコンサルタント(PHC)によるサプリメント相談及びコンサルティング

    4. 4)当社のプライベートヘルスケアコンサルタント(PHC)による栄養コンサルティング

    5. 5)当社が提携する外食レストラン、スポーツクラブ、エステなどの特典、割引等の提供

    6. 6)当社が提供するWEBサイトコンテンツの利用

  2. 2.当社が別途定め、当社ウェブサイトへの掲載により利用者に対して事前に通知した個別サービスの利用規約は、本規約と同等の効力を有します。

  3. 3.当社は、利用者に対して事前に通知することにより、本サービスの内容を追加又は削除することができ、当該追加又は削除により利用者に損害が生じてもこれを賠償する責任を負いません。

第5条(利用者の義務)

  1. 1.利用者は、本サービスの利用に際し、次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。

    1. 1)当社に対して行う届出等において、虚偽の情報を記載すること

    2. 2)他人の名前を利用し、又は他人に成りすます等不正の手段を用いて本サービスを利用し、又は利用させること

    3. 3)当社への金銭債務の支払いに際し、偽造若しくは不正に取得され、又は使用が停止されているクレジットカードを用いること

    4. 4)本サービスの提供を妨害する行為

    5. 5)当社又は第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害し、若しくは名誉、信用等を毀損し、又はそのおそれのある行為

    6. 6)その他、法令又は本規約若しくは個別サービスの利用規約に違反する行為

  2. 2.利用者が当社に対して負担する金銭債務の支払いを怠った場合、当社に対し、支払期日の翌日から完済の日まで年14.6パーセントの割合による遅延損害金を支払う義務を負います。

  3. 3.利用者は、氏名、住所、電子メールアドレス等当社に届け出た事項に変更があった場合、速やかに当社に届け出るものとします。当該届出を怠った結果当社から利用者に対する通知が到達しなかった場合、当該通知は通常到達すべきときに到達したとみなします。

第6条(利用者資格の有効期間)

  1. 1.利用者たる地位(以下「利用者資格」といいます。)の有効期間は、第3条第1項に定める申込みを当社が承認した日から1年間とします。

  2. 2.利用者資格は、その有効期間満了日までに、当該利用者が、利用者資格を更新しない旨の書面を当社に提出をしないときは1年間更新するものとし、以後も同様とします。

  3. 3.前項に基づく利用者資格の更新がなされた場合、当社は当該利用者に対し、第3条第4項で定めるサービスプラン代金の支払いを同第5項に定める方法により受ける日を通知します。

第7条(利用者資格の終了)

  1. 1.利用者資格は、利用者資格の有効期間(前条第2項による更新後の有効期間を含みます。)の満了をもって終了します。

  2. 2.利用者は、利用者資格の有効期間中であっても、当社が別途指定する届出書を提出することにより、利用者資格を終了させることができます。

  3. 3.利用者が死亡した場合、利用者資格は直ちに終了します。

第8条(規約違反の取扱い)

  1. 1.当社は、利用者が本規約又は個別サービスの利用規約に違反した場合、違反行為の程度により、利用者に対し、次の一又は二以上の処分を行うことがあります。

    1. 1)警告文の送付

    2. 2)違反行為が終了するまでの本サービスの利用停止

    3. 3)利用者資格の抹消。これにより、利用者資格は、有効期間中であっても直ちに終了します。

  2. 2.当社は、前条2)の利用停止を行うに先立ち、利用者に対し、違反行為の内容及び利用停止を行う旨を通知します。また、当社は、前条3)の利用者資格の抹消を行うに先立ち、利用者に対し、相当期間を定めて違反行為を解消するよう催告します。ただし、当社は、当社又は第三者に対する損害の発生又は拡大を避けるために必要な場合、これらの通知又は催告を省略できます。

  3. 3.利用者が本規約又は個別サービスの利用規約に違反し、当社又は第三者に損害を与えた場合、これを賠償する責任を負います。

第9条(利用者資格が終了した場合の取扱い)

  1. 1.利用者資格が終了した場合、当社は、いかなる場合であっても、利用者から支払いを受けた代金を返還しません。

  2. 2.利用者資格が終了した場合、利用者は当社に対して負担する一切の債務について期限の利益を喪失します。

第10条(利用者の地位等の処分禁止)

利用者は、利用者資格又は利用者として有する権利義務の全部又は一部について、譲渡、貸与、担保権の設定等一切の処分をすることができません。

第11条(本サービスの提供の停止)

  1. 1.当社は、当社の責めに帰すべき事由以外の事由によって本サービスの提供が不可能若しくは著しく困難となり、又は当社、利用者若しくは第三者に損害が発生し若しくは拡大することを防止するために必要な場合、本サービスの全部又は一部を停止でき、これにより利用者に生じた損害を賠償する責任を負いません。

  2. 2.当社は、前項に基づき本サービスの全部又は一部を停止する場合、当社ウェブサイトへの掲示により、利用者に対して事前に通知します。ただし、当社は、緊急やむを得ない事由がある場合には、当該通知を事後に行い又は省略することができます。

第12条(免責事項)

  1. 1.利用者は自己の責任で本サービスを利用するものであり、当社は利用者が本サービスから期待する結果を得られることにつき保証するものではありません。

  2. 2.利用者が本サービスの利用に関連して損害を被った場合、当社は、当社の責めに帰すべき事由がある場合に限って賠償する責任を負います。但し、当社に故意又は重過失がある場合を除き、当社が賠償責任を負う金額は、当該年度分のサービスプラン代金、を上限とします。

第13条(個人情報の取扱い)

  1. 1.当社は、利用者が当社に届け出た事項のうち、個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定める個人情報(以下「個人情報」といいます。)に該当するものについては、当社が別途当社ウェブサイト上に掲示する「プライバシー・ポリシー」に基づいて適切に取り扱います。

  2. 2.当社は、個人情報を次の目的のために利用します。また、当社は、利用に際し、必要な範囲で個人情報を業務委託先に預託することができます。

    1. 1)本サービスの提供

    2. 2)特定の利用者に有益と思われる本サービスに関する案内を、当該利用者がアクセスした当社のウェブサイトに表示し、又は電子メール若しくは郵便等により送付すること。ただし、当社は、当該利用者からの申し出により、当該表示又は送付を中止し又は再開します。

    3. 3)利用者から個人情報の利用に関する同意を求めるために電子メール又は郵便を送付すること

    4. 4)その他利用者から得た同意の範囲内で利用すること

  3. 3.当社は、個人情報の提供先及び利用目的を通知の上、利用者から承諾を得た場合(当社ウェブサイトの画面上に個人情報の提供先及び利用目的を明示し、利用者が拒絶する機会を設けた場合を含みます。)を除き、第三者に個人情報を開示又は提供しません。ただし、次の場合はこの限りではありません。

    1. 1)法令又は官公署の命令により開示が求められた場合、当社は、必要な範囲で個人情報を開示することがあります。

    2. 2)利用者による本サービスの利用に起因する債権債務の特定、支払い又は回収に必要と認めた場合、当社は、必要な範囲で、クレジットカード会社、金融機関等に個人情報を開示することがあります。

  4. 4.当社は、個人情報を集計又は分析して個人が識別できないように加工した資料を作成し、新規サービスの開発等のために利用し、又は当社の業務提携先等に提供することがあります。

第14条(当社から利用者への通知方法)

  1. 1.当社から利用者への通知は、本規約又は個別サービスの利用規約に別段の定めがある場合を除き、利用者が予め当社に届け出た電子メールアドレス宛の電子メール若しくは住所宛の郵便、当社ウェブサイトへの掲載その他当社が適当と認める方法により行います。

  2. 2.前項の通知は、電子メールによってなされたときは受信サーバへの到達をもって、当社ウェブサイトへの掲載によってなされたときは掲載後14日の経過をもって、名宛人に到達したものとみなします。

第15条(合意管轄)

利用者と当社との間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条(本規約の変更)

当社は、当社ウェブサイトへの掲載により利用者に事前に通知することにより、利用者から承諾を得ることなく、本規約又は個別サービスの利用規約を変更できます。

以上

pageTop